大阪の文具専門紙

 
 

大阪文具紙製品業界の歴史を今に伝える、文具専門紙の保存版をデーター化しています。

在阪のオフマガNEXT社(媒体名=オフィスマガジン)、紙製品新聞社(媒体名=紙製品新聞、その後、CLIPSに改題)、関西文具時報社(媒体名=関西文具時報、休刊中)の3社の協力を得て、現在、各社の創刊当時を中心とした保存版のデーター化を進めており、その中で既にデーター化が終わったものを一部紹介します。

なお、当会館が2006年1月に発刊しました「大阪文紙会館史」の中で、在阪の業界紙の歴史を「専門紙と業界」と題して次の様に紹介しています。

 
明治・大正・大戦前

 戦前の明治から大正期にかけて、業界専門紙の果たした役割は大きいものがあった。

 いわば、業界の黎明期であり、散在していた同業者を組織化するにあたって、目覚ましい活躍を行っている。

 明治から大正期にかけて大阪では

  関西時報社(現関西文具時報社)、
  文具界(現オフィスマガジン)、
  紙工界、
  大阪文具新聞社、
  文具公報(現日本文具新聞社・大阪出張所)

 などが存在した。

 最も古いのは関西時報社で、明治32年に石関寛之が創刊し、尼崎市議会の動向や、文具業界の状況を報じていた。著書に「文具鑑定法」がある。その後、戦後の昭和23年に息子・石関寛三が現在の関西文具時報社に改名し現社長・信興に継承されている。

 略

 文具界(現オフィスマガジン)の創業者・立川泰之助は、明治42年に創刊している。

 当時の業界実力者である、福井庄次郎(四世)、利見又兵衛、吉田藤造、小坂彌之助、澤井幸助らの総意で、業界情報紙の発刊を懇請され「文具界」が創刊された。

 略

戦後から現在

 戦後、大阪業界に本社をかまえる専門紙は

  関西文具時報社、
  文具界(オフィスマガジン)、
  産業新聞社(清水有三)、
  日本文紙界(巽秀市)、
  紙製品新聞社(田渕行三)、
  小売商報社から独立した展望社(阿部完)

 の6社、

 出張来阪する名古屋文具時報社、また、在京で支局を設置していた新聞社は、

  日本文具新聞社、
  ニチマ、
  東京紙工通信社(現ビューロウ)、
  経論社(ステイショナー)、
  文具小売商報社

 の6社で、計12社が大阪業界で活躍していた。

 略

下記一覧の青文字号をクリックすると各社新聞をご覧いただけます。
なお、その他の号は、資料の整理が出来次第、順次アップしてまいります。
 
関西文具時報社
138号 明治44年4月1日
140号 明治44年6月1日
147号 明治45年1月1日
148号 明治45年2月1日
150号 明治45年4月1日
157号 大正元年11月1日
166号 大正2年8月1日
167号 大正2年9月1日
173号 大正3年3月1日
466号 昭和13年4月5日
469号 昭和13年7月5日
471号 昭和13年9月10日
472号 昭和13年10月10日
473号 昭和13年11月10日
創刊40周年 昭和14年5月15日
オフィスマガジン
文具界
第15号 大正2年8月1日
1〜6ページ
第15号 大正2年8月1日
7〜16ページ
第15号 大正2年8月1日
17〜23ページ

号外 昭和27年9月15日
1号 昭和25年10月10日
2号 昭和25年11月10日
3号 昭和25年12月10日
59号 昭和28年12月25日
132号 昭和31年1月7日
134号 昭和31年1月21日
136号 昭和31年2月4日
138号 昭和31年2月18日
160号 昭和31年8月4日
174号 昭和31年11月17日
176号 昭和31年12月1日
178号 昭和31年12月15日
180号 昭和32年1月5日
186号 昭和32年2月16日
190号 昭和32年3月16日
192号 昭和32年4月6日
194号 昭和32年4月20日
200号 昭和32年6月1日
206号 昭和32年7月25日
210号 昭和32年8月17日
216号 昭和32年10月5日
224号 昭和32年12月7日

オフィスマガジンの
スクールマガジン
1号 昭和26年5月20日
   
6号 昭和26年10月20日
紙製品新聞社
1号 昭和29年4月15日
2号 昭和29年4月25日
3号 昭和29年5月5日
5号 昭和29年5月25日
11号 昭和29年7月25日
16号 昭和29年9月15日
18号 昭和29年10月5日
22号 昭和29年11月15日
25号 昭和29年12月15日
29号 昭和30年2月15日
31号 昭和30年2月25日
34号 昭和30年3月25日
43号 昭和30年7月5日
47号 昭和30年8月15日
52号 昭和30年10月5日
55号 昭和30年11月5日
59号 昭和30年12月15日
60号 昭和31年1月5日
61号 昭和31年1月15日
62号 昭和31年1月25日
64号 昭和31年2月15日
67号 昭和31年3月15日
71号 昭和31年4月25日
73号 昭和31年5月15日
75号 昭和31年6月5日
80号 昭和31年7月25日
82号 昭和31年8月15日
84号 昭和31年9月5日
88号 昭和31年10月15日
90号 昭和31年11月5日
93号 昭和31年12月5日
94号 昭和31年12月15日
95号 昭和31年12月25日
96号 昭和32年1月5日
97号 昭和32年1月15日
98号 昭和32年1月25日
99号 昭和32年2月5日
100号 昭和32年2月15日
102号 昭和32年3月5日
105号 昭和32年4月5日
108号 昭和32年5月5日
111号 昭和32年6月5日
114号 昭和32年7月5日
116号 昭和32年7月25日
117号 昭和32年8月5日
120号 昭和32年9月5日
123号 昭和32年10月5日
126号 昭和32年11月5日
129号 昭和32年12月5日
130号 昭和32年12月15日
131号 昭和32年12月25日
 
   
 
  Copyright(C) bunshikaikan.or.jp Japan allright reserved.
禁無断転載 This site is in Japanese only.